どうも、梶野です。

 

先日ふとテレビを見てたら、

 

『地下アイドルが語る地下アイドル界の裏事情!』

 

的な番組がやってまして。

このブログでも所々でお話してますが、僕自身芸能事業にも関わっているのでなんだかんだ

そう言うのやってると見ちゃったりするんですが。

 

 

売れてない地下アイドルが5人くらい出てきて。

それを、人気があってテレビに出てるアイドルとか芸人、タレントが色々と質問しながら話を聞くって番組だった訳です。

 

売れてない地下アイドルって言っても、地下アイドル業界全体から見ると

充分お客さん集められたりする位の人達で、アイドル好きの人とかであれば知っていて、

単純に世間には全然認知はされていない位のアイドルです。

 

秋葉原の小さいライブハウスで数人のお客さんにひたすらライブしてるような人達がごまんといますからね。

 

 

そう言う芸能事務所とかの裏事情とかを聞いてると、僕としては

 

「まぁそういう事務所じゃやっぱそうなるよねぇ」

 

とかって思ったりしつつ、

 

「ネットビジネスで稼ぎたいって思ってる人も、アイドルで売れたいって思ってる人も

 本質的には同じだな」

 

なんて思ったりもするんですよね。

 

 

アイドル業界の事情

芸能業界もアイドル業界も、なんだかんだやっぱりあくどいやり方でやってる人ってのはいます。

まぁどんなビジネスでもそうだし、ビジネス以外で考えても、

政治経済とか見てもやっぱりちょいちょい裏金がどうだとかってニュース出てきますしね。

 

その番組で、売れない地下アイドルたちが語っていた中の一つに

 

「プロデューサーから、迫られた」

 

とかって話もありました。

(かなりマイルドに言ってますけどね(笑))

 

僕が芸能業界にいて知ってる範囲でも実際に、そっち系の営業活動の話をされたって人もいます。

 

 

それが良いか悪いかって話は置いておいて。

実際にそう言う事をする人がいるから、そう言う要求をしてくる人もいなくならない訳です。

 

でも実際そのテレビ番組でもそうだったんですが、そう言う話が出た時に

 

「ある、ある」

 

って頷いてる人は、呼ばれていた5人の売れない地下アイドル達。

 

 

逆に、それなりにテレビに出てるタレントとかアイドルとかは

 

「え~! 本当にそんな事ってあるの!?」

 

って反応なんですよね。

 

 

そういう営業活動とかをする人の目的って当然

 

「この人に気に入られれば〇〇に出してもらえる!」

 

って所ですよね。

僕から言わせてもらえれば、例えそれで何かに出れた所で、その後ずっとやってけると思うの?

って感じですが。

 

言い換えると、

 

 

『有名になる方法』

 

 

を見つけようとして、こう言ったグレーな方法も仕方ないって思う訳です。

 

 

でも現実として、グレーな部分を理解しちゃってる人は

 

『売れないアイドル達』

 

逆に、そんな事あるのかって疑問を持つ人は

 

『売れてるタレント・アイドル』

 

って事。

 

 

つまり、『売れる為には仕方ない』って『有名になる方法』を追ってるアイドルは、

基本的にほとんど売れてないって事なんですよね。

 

 

勿論、芸能業界では『大手事務所』に入れたかは入れないかで変わる部分はあります。

何かのグランプリになったり、オーディションで抜擢されたり。

そう言った事がある人とない人では、その先は大きく変わります。

 

大手事務所に入れなかった人が何とか売れる為に小さい事務所に入って、

結果的に『有名になる方法』を追うしか無くなって、そうなって行くってパターンがほとんどです。

 

小さい事務所の中にはやっぱり同じように、事務所として売れるアイドルを出したいがために

『有名になる方法』を追わせる事務所もありますからね。

 

その結果、迫ってくるようなプロデューサーと仕事する訳です。

 

 

ただ言える事は、

 

 

大手事務所に入っても何かのグランプリを取っても、

『有名になる方法』

を追う人は基本的に売れずに消えていくか、一時期出て消えていきます。

 

 

これは、僕自身の経験からもそうだし、テレビとか見ててもやっぱりそうです。

 

 

じゃあ『有名になる方法』を追わないでどうすればいいんだ!?

売れてるタレントとの違いはなんだ!?

 

 

 

上記のテレビの例でもそうですが、売れているタレントに言える事は、

 

『売れる方法』

 

を追ってるんじゃなくて

 

 

『売れる為に必要な事』

 

 

を追ってるんですよね。

 

 

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、言い換えると

 

『売れる為に必要な力』

 

を追ってるって事。

 

アイドルであれば、歌唱力や表現力・ダンス、当然ルックスもそうですね。

タレントであれば当然バラエティでのトーク力や、ブランディング。

それぞれの分野に必要な力って言うのは沢山あります。

 

言い換えると、『売れる為に必要な知識・スキル』って事ですね。

 

 

一方で『売れる方法』を追うような人は、『売れる為に必要な知識・スキル』は度外視して

 

「これをすればテレビに出れる!」

「これをすれば有名になれる!」

 

そう言った方法論を探してるだけって事。

そうなると当然、たまたま上手くいってテレビに出れたとしても、その後は続きませんよね。

そもそも力がないんですから。

 

 

ふと見たテレビ番組から、そんな事を思ったわけです。

 

 

ネットビジネスで稼げない人も同じって事

長々と売れない地下アイドルについて話しちゃいましたが。(笑)

 

結局、ネットビジネスで稼げない人も、コレと同じなんですよね。

 

『稼ぐ方法』をひたすら追う人は稼げないって事。

 

売れない地下アイドルのパターンが分かれば、何となく分かって頂けると思います。

でも、ネットビジネスに参入してくる人はこういう人が大多数です。

 

「誰でも簡単に稼げる!」

「空き時間に〇〇するだけで日給〇万円!」

 

なんてのが多いからではあるんですが。

ひたすら『稼ぐ方法』を探し続けて、情報商材を購入したり塾に入ったりして、

結局稼げないからまた別の方法商材を購入して、立派な『ノウハウコレクター』の出来上がりです。

 

 

つまり『稼ぐ方法』を探すんじゃなくて、

『稼ぐ為に必要な事』・『稼ぐ為に必要な力』

つまり『稼ぐ為に必要な知識・スキル』

を追うしかないって事です。

 

 

勿論、『ノウハウ』って言うのも『稼ぐ為に必要な知識・スキル』の1つではあります。

ただ勘違いしないで欲しいのは、

『ノウハウ』=『稼ぐ方法』ではない

って事。

 

『ノウハウ』は、必要な知識やスキルを組み合わせてどう使って行くかをまとめたモノでしかありません。

つまり、『ノウハウ』があれば稼げるって思うこと自体が間違いで、

結局知識やスキルがなければ何も意味がない訳です。

 

だからこそ、同じノウハウを使った所で稼げる人と稼げない人が出てきますし、

そもそも何で自分がぞれで稼げないかすらも分かってないから、

結局諦めて『ノウハウコレクター』になるって事。

 

 

グレーな手法って言うのも一時期は稼げることはありますが、

流行りが去ったり、媒体が凍結されたり、何かしら問題が起きた時点で終了。

その後は一気に収入0になり、稼げなくなります。

当然ですよね、力が無いんですから。

 

 

 

こう言った事が分かっていない人は、

売れる為に頑張ってると思って、グレーな営業活動させられて結局売れないアイドルになります。

そこまでしなくても、迫ってくるような輩を我慢しながら売れないアイドルをし続けます。

 

 

そもそも『有名に方法』を追うのが間違ってるって事。

芸能界で活躍するには『売れる為に必要な力』を追わなきゃいけない。

 

 

稼ぐ為に、グレーな手法をやって結局稼げない人になります。

いつか稼げると思って『ノウハウコレクター』になります。

 

 

そもそも『稼ぐ方法』を探すこと自体が間違ってるって事。

稼ぎ続ける為には『稼ぐ為に必要な力』を追わなきゃいけない。

 

 

この記事で思い当たる節があった人は今すぐにでも概念を改めていった方が、

今後の為には絶対にプラスになるでしょう。

 

 

それでは、今回はこの辺りで。

梶野でした。

 

それじゃあ、また。

僕自身も現在進行形で稼ぎ続けている、

『唯一の不変的ネットビジネス』

誇大表現でもなんでもありません。

【CASINOROOM】無料メルマガにご登録の方に

知識・スキル0からこの方法で稼ぎ続ける為の

徹底解説マニュアルを無料プレゼント中!!

(PDF60ページ)

torokuword1

* お名前     
* メールアドレス 

参考になりましたら
いいね !

Twitter で梶野を