どうも、梶野です。

 

「原宿でスカウトされた!」

「渋谷でモデルにならないかって言われた!」

 

こんな事があった時に、まずする事って何でしょう??

もしあなたが経験があるのなら絶対にしたはずだし、経験が無かったとしても絶対にやります。

 

『ネットで情報を調べる!』

 

ですよね。

何で絶対にまずネットに調べるのかって言ったら当然

 

『スカウトしてきた人が胡散臭い事務所の人じゃないか』

 

って事を知りたい訳ですよね。

もう今の時代、インターネットを使って情報収集をするのは当たり前ですから、もし調べた結果

 

「〇〇って会社は詐欺だ!」

「〇〇って会社の人から声かけられて、言ったら〇万円必要って言われた」

 

とかって情報を発見したら躊躇してしまう訳です。

まぁ実際問題、胡散臭い芸能事務所が数多くあるって言うのも現実で、もはや世間の常識としても、

 

「スカウトとかされたらとりあえずネットで調べた方が良い!」

 

なんて事は大概の人が知ってます。

 

 

ようは、『胡散臭いスカウトが多い』ってイメージが何となくある訳です。

これってネットビジネスでも同じで、『胡散臭いネットビジネス家が多い』ってイメージありますよね。

だからこそ、『ネットビジネス=怪しい』なんて思う人が多いんです。

 

 

僕自身何度かお話していますが、元々ずっと芸能業界にいて、今も自分で芸能事業に携わったりも

していますが、ネットビジネスを学び初めてホント思うのは、

 

『芸能業界とネットビジネス業界は共通点が多い』

 

って事。

この『胡散臭い奴が多い』ってのもその1つなんですよね。

 

 

芸能事務所のスカウトが胡散臭い理由

芸能のスカウトってやたらと褒めてきたり、雑誌・テレビ・映画に出れますよ!

なんて言ってきたりしますよね。

 

で、事務所に行って話を聞いてみると、

 

「入所金で〇万円・写真撮影費で〇万円」

 

なんてことを言ってくる訳です。

 

 

もうこの時点で、多少胡散臭さは感じるんですけど、

 

  • 初めにお金払えば雑誌とかに出れる
  • 有名になれる

 

なんて、夢を見させてお金を払わせる訳です。

 

やっぱり多くの人には『承認欲求』って言うのはありますからね。

周りの人にスゴイって思われたいとか、羨ましがられたいとか。

 

 

で、お金を払って入ってみた結果、ほとんど仕事も無く、たまにエキストラみたいな仕事しかない。

そんな事をしているうちに多くの人は辞めて行っちゃう訳です。

 

つまり、

そう言う事務所のビジネスとしての『キャッシュポイント』は、上記の入所金とかでしかない

って事。

しばらくしたら辞めていく事も分かっているから、初めに大きくお金を取らなきゃやっていけない訳です。

 

 

つまり、『初めにお金を払わせて入れるのが目的のビジネス』って事ですよね。

 

 

こういう方法を取っている芸能事務所は無数にあります。

多少の仕事はあるけど、結局成功するかどうかはあなた次第ですよって事務所。

 

勿論、そう言う事務所全部が全部『胡散臭い事務所』って訳じゃないです。

 

 

ただ、基本的にこういう方法をとる事務所は、

『事務所に入ってくれた人に、最大限の価値を感じてもらうようにする』

って事は考えていないって事。

 

 

ココで言う『価値』って当然、事務所に入った人に仕事をさせる事とか、有名にさせる事ですよね。

そうする事で、タレントがした仕事の報酬で利益を上げていくのが大手事務所のビジネス

 

 

つまり、大手のビジネスと小さい事務所のビジネスはそもそも違うビジネスって事

 

 

勿論、小さい事務所が大手の様にビジネスをやりたくても出来ないから、

そうするしかない訳なんですけどね。

その辺りまはぁ色々とまた別の話になっちゃうので今回は置いておきます。(笑)

 

 

例えると、胡散臭い事務所のビジネスはファミレスと同じです。
(ファミレスは胡散臭くないですよ(笑))

ある程度決められたものを提供して、多くの人から利益を上げていくってビジネス。

ある程度の仕事を振ったりレッスンとかさせて、多くの人から利益を上げていくってビジネス。

な訳ですよね。

 

ファミレスにくるお客さんは、ある程度の味で良いと思ってきてますから需要と供給が成立する訳です。

ファミレスはそのビジネスを多くの広告とか、店舗とか、人員とかを使って、

沢山の人を集めることが出来るからやって行けるわけです。

 

これを、大きくも無い芸能事務所が行おうとすると、

 

とにかく煽って初めにお金を払ってもらうしかない

 

ですよね。

で、煽った結果提供しているモノはある程度のものしかないから、残るのは『不満』だけ

 

だからこそ『胡散臭い』って言われるのは当たり前なんですよね。

でも、小さい事務所がそう言うビジネスをしようと思ったらそうするしかないんですよね。

 

 

「このお店では本場フランスで修業したシェフが作る!」

 

 

って言ってファミレスの料理を高く出してるようなモノ。

この料理を売る為には、そうやって煽るしかないんです。

飲食店業界がそんなのばっかになったら、当然胡散臭くなりますよね。(笑)

 

 

あなたはどういうネットビジネスをしたいか

ネットビジネス業界でもいますよね。

やたらと煽って、夢を見させて、とにかくお金を払ってもらうって人。

 

つまり、『買ってもらう事に注力するビジネス』って事です。

 

これはこれで稼ぐ事は出来ると思います。

ただ、芸能事務所で言ったら『初めにお金を払わせて入れるのが目的のビジネス』ですよね。

これをやりたいかどうかって事。

 

「とにかく稼ぎたい!」

 

が第一目標であれば、これはこれでやってみても良いと思います。

 

 

ただ僕は、ネットビジネスは兼業とは言え『胡散臭い』と言われるようなビジネスは

したいと思わなかったんです。

もっと言えば、この方法が今後も稼いで行けるとは思えなかったから。

 

芸能業界関わっている身としても、そういう芸能事務所の末路は何となく分かりますからね。

何とかジリ貧で続けていくか、数年して無くなって行くか。

その事務所が上手くいくにはもう、『運』しかないですからね。

それじゃあもう『ビジネス』じゃなく、『ギャンブル』です。

 

じゃあ『胡散臭い』って言われるようなやり方じゃなくネットビジネスをするにはどうするかって言うと、

 

 

『お客さんに最大限に価値を感じてもらう事を考える』

 

 

って事ですよね。

コレって結構当たり前な気もしますが、この部分を考えないで『ビジネス』をやっている人が多い

業界は、往々にして『胡散臭い』って言われます。

芸能業界然り、ネットビジネス業界然り。

 

 

で、『価値を感じてもらう』って事に注力してビジネスを行うのが、このブログでも何度かお話している、

 

『コンテンツマーケティング』

 

って事ですね。

 

 

ネットビジネスの方法を選ぶのも、あなた次第ではあります。

稼げるなら胡散臭くても何でも良いって言うのも1つの答え。

ただ、胡散臭い芸能事務所を知ってる僕としては、そんな人達と同じ様なやり方で

ビジネスしようとは思えないって訳ですね。

 

俳優・女優、そう言った活動をされてる人なら共感してもらえる部分もあるかなと思って、

今回はこんな話をさせて頂きました。

 

ちなみに当然ですけど『コンテンツマーケティング』の方がしっかりビジネスとして

利益を上げていけるからこそ、僕はこの方法を選んでいます。

何言ったって稼げなきゃ意味ないですからね。

 

僕の無料メルマガの方では『コンテンツマーケティング』『胡散臭い』方法ではなく

真っ当にビジネスとして自分一人で副業でも稼いでいく方法をお話しています。

興味ある方は是非登録してみて下さい。

 

> 【CASINO ROOM】無料メルマガ講座

 

 

それでは、今回はこの辺りで。

梶野でした。

 

それでは、また。

 

 

僕自身も現在進行形で稼ぎ続けている、

『唯一の不変的ネットビジネス』

誇大表現でもなんでもありません。

【CASINOROOM】無料メルマガにご登録の方に

知識・スキル0からこの方法で稼ぎ続ける為の

徹底解説マニュアルを無料プレゼント中!!

(PDF60ページ)

torokuword1

* お名前     
* メールアドレス 

参考になりましたら
いいね !

Twitter で梶野を