どうも、梶野です。

 

僕のプロフィールとかではサラッと書いた事はあるんですが、

僕は結構昔から芸能関係・エンターテイメント関係の仕事をしていたんです。

今はどちらかと言うと仕掛ける側でそう言った業界の事業にも携わったりしているんですが。

 

最近つくずく思う事が、芸能業界とネットビジネス業界って

結構似ている部分があるなぁって事。

これは僕がネットビジネスを始めた頃も結構感じていたんですが、

現在ネットビジネスで稼ぎながら仕掛ける側で携わるようになって

特に感じるようになったんです。

 

 

今回はその中の1つで、『モチベーション』とか部分の話。

 

現在芸能事業の方では演技講師とかもしたりしているんですが、

その中で芸能界を目指している色々な人を見る機会があります。

 

そういう人達も当然『モチベーション』って大事ではあるんですが、

ホント人によってモチベーションの種類が全然違うんですよね。

 

ただ有名になりたいって人とか、お芝居が好きでって人、単純に楽しくなってきた人。

芸能業界ではどれがあれば成功できるって事は言い切れないんですが、

自分が演者側にいた時から含めると相当な数のこういう人達を見ていると、

 

「こういうタイプはすぐ辞めるな」

「こういうタイプは面白い演技するようになる」

「こういうタイプはなんか切欠が掴めれば出れるようになるな」

 

なんて事も分かってきたりします。

勿論、『講師』としては全員が上達するように指導していくんですが、

まぁしばらくすると大概は予想通りの方向に進んで行くんですよね。

 

 

これってネットビジネスでも同じで、今ではネットビジネスを教えたり

サポートしたりしますが『モチベーション』の種類って結構大事だなって感じています。

 

たまに見かけるのは

 

「自分の夢を語りましょう!」

「なりたい自分を絵にしましょう!」

 

みたいなの。

まぁ自己啓発みたいな事ですよね。

 

ある意味これは、『モチベーション』を維持する為にやる気を出させようと

やってる事だとは思うんです。

 

勿論ネットビジネスは『継続する事』は絶対的に必要にはなってくるので、

『モチベーション』を維持する事は必要だとは思いますが、

上記のようなのって、本当に必要か?

って思うことありません??

 

自己啓発的なのって、はたから見るとちょっと異様な光景だったりするし。(笑)

 

まぁでも下手すると、ココが見当違いの方向を向いているせいで、

自分では頑張ってるつもりでも違う方向に頑張っちゃってるなんて事にもなりかねない訳です。

 

なので今回は、『ネットビジネスにモチベーションは必要なのか?』って事について話。

 

やる気があります!って人って

「夢を語りましょう」

「なりたい自分を絵にしましょう」

 

こう言うのっていわゆる、『自己啓発』的な事ではありますよね。

 

でもまぁ『自己啓発』自体は僕は嫌いな訳ではなくて、そういうのやると

何となく脳内物質が出てやる気が出たり、気分が良くなったりはするので、

1つの切欠としては良いと思います。

 

 

ただ果たしてそれをする事が、『成功』と結び付くのか?って話なんです。

 

 

芸能業界でも見かけるんですが、

 

「僕は○○さんが好きで、そういう俳優になりたいと思ってます!」

「私は○○さんをスゴク尊敬していて、ああ言う魅力のある演技が出来る

女優になりたいと思ってます!」

 

みたいな事をすごい語る人。

 

勿論こういう人ってやる気はあるんですが。

ただこういう人って大概、あんまり面白くないんですよね(笑)

 

 

ネットビジネス業界でよくいるのは、

 

「私は今の会社にいては○○で、不安を感じてネットビジネスに興味を持ちました。

本気でネットビジネスで稼いで、自分で稼いでい人生を変えたいと思ってます!」

 

みたいなやる気MAXですって言う人。

まぁ勿論この人もやる気はあるので、「稼ぎたい!」って気持ちは持ってはいますよね。

 

ただこういう人達に共通するのは、『結局行動が伴わない事が多い』って事。

 

 

じゃあやる気がない人の方が良いかって言うと、そう言う訳でもないんですが(笑)

 

芸能業界でもネットビジネス業界でも、本当に結果を出す人とかって

 

『こう言うのをわざわざ表に出したりしない』

 

そう言う傾向にある事が多いんですよね。

 

 

前者の口に出す方の人は、『やる気の炎』みたいなものが『花火の炎』でしかないんです。

一発派手に炎を上げて、少ししたらしゅんとしてしまう。

何かの時には派手に燃えてアピールするけど、結局普段は火は消えてるんです。

 

一方で後者の方は『青の炎』だったりするんです。

静かにより高い熱量を持ちながら灯り続けてるって事。

 

 

『自己啓発』って言うのはどちらかと言うと一時的に『花火の炎』を

点火してくれるだけなんで、その時はMAXに燃え上がるんですけど続かないんですよね。

 

「夢を語る」とかってのも、結局そう言った事にしかならないと思う訳です。

 

 

こういう人は危険かも!?

ネットビジネスを始めた理由て

 

「将来の為に稼ぎたい!」

「借金を返す為に稼がなきゃ!」

「稼いで〇〇をしたい!」

 

なんて人は多いと思います。

実際僕自身もきっかけはやっぱり『お金』でしたしね。

 

ただ、『こういう気持ちだけのままだと稼げるようになるのは難しい』と思うんですよね。

 

芸能業界で言うと

 

「〇〇に憧れてるから有名になりたい!」

「有名になって周りを見返したい!」

 

とかってのと『モチベーション』の種類は似ていて、

これだけのモチベーションの人って結局気付いたら辞めてます。

 

「芸能界に入ったきっかけは友達が○○に勝手に応募して……」

「原宿でスカウトされて……」

 

とかって人が芸能界はほとんどだったりしません??(笑)

 

 

これって別に、『やる気がない人が良い』って訳ではないです。

 

『モチベーションの方向が違う』

 

って事なんです。

 

 

上記の例だと、

 

『稼ぎたい!』って事に熱量が向いてるだけで、

『ビジネス』としては熱量が向いてない

 

って事です。

 

 

芸能の例だと

 

『有名になりたい!』に熱量が向いてるだけで、

俳優・歌手・タレントとしての方向に熱量が向いてない

 

って事。

 

スカウトとか勝手に応募された人でも単純にやる気ない人は

大概消えていきますが、俳優女優として・タレントとして何をするべきか

って事に熱量が向く人は成功出来たりする訳です。

 

芸能の場合は、その時点で外見とか含め才能を持ってる人がスカウトされたり、

何かのグランプリになったりしますからね。

 

『有名になりたい』ってだけな人は結局そこにしか目が向かないので、

単純に色々な意味で『面白くない』『魅力がない』人にしかならないんですよね。

 

 

つまりネットビジネスにおいては、

 

『ビジネス』として何をするべきか

 

って事に熱量が向いていないと結局

 

「どうにかして稼げる方法はないか」

 

って事に熱量が向いちゃうって事。

そうすると「楽して稼げる」って方向に進んで言っちゃったりもします。

 

 

ネットビジネスで必要な事って結局

 

『知識やスキルを学びながら正しい方向に作業を続けていく事』

 

でしかないので、「稼ぎたい」ってモチベーションだけだと、

『面白くない』『魅力がない』ブログにしかならないので、

単純に読者にとって『価値がない』ブログにしかならないんですよね。

 

そうなるとネットビジネスにおいては、読者にとって価値のある情報を

提供する事が絶対条件になりますので、結局上手くいかないんす。

単純に、面白くもないし、何の価値も感じないから。

 

『稼ぐ』って言う事は、『ビジネス』を行った上での結果でしかない

 

って事。

だからこそ『ビジネス』に熱量を向けて取り組める人が成果を出していけるって事ですね。

 

 

結果的に『ビジネス』に熱量を向けている人は『ビジネス』について語る事はあっても、

 

「○○だから稼ぎたい!」

 

なんて言う事はないって事なんです。

つまり、夢を語ったりした所でその方向性が「稼ぐ!」事だと

違う方向に進んでいってしまうって事なんですよね。

 

 

どうすれば正しい『モチベーション』の種類を持てるか

結論を言うと、ネットビジネスでも芸能でも共通して言えるのは

 

『自分のビジネスその物に熱量が向いていない人は魅力・価値のあるモノは作れない』

 

って事なんですよね。

 

 

結局は、『他人が評価してくれるもの』を作り出していかなきゃいけない訳です。

 

でも「稼ぎたい!」に熱量が向いてる人は「自分がこうなりたい!」って熱量が大きいので、

『他人に価値のあるモノ』って意識が向かないんですよね。

結果的に、そう言う人が作り出すコンテンツには大した魅力がないって事。

つまり、

 

『自分のビジネス・活動そのものに熱量を向ける』

 

事が必要だって事です。

 

 

初めに言った芸能業界において、ただ有名になりたいって人・お芝居が好きでって人・単純に楽しくなってきた人。

この中で上手くいきやすいのって『単純に楽しくなってきた人』なんですよね。

 

こういう人って『俳優』って仕事自体が楽しくなってきて、

そこに熱量が向くんで、結果的に一番仕事に必要な事を頑張れるんです。

 

 

ネットビジネスでも、

 

『ビジネス』そのものに熱量を向ける事が出来てる人

って結局、楽しくなってくる

 

って傾向にあります。

 

人間ってやっぱり、

 

その分野についての知識がどんどん増えてくると・スキルが上達してくると、

どんどん楽しくなってくるモノ

 

なんですよね。

 

 

つまり結局は、自分の知識・スキルを磨くために行動し続けるしかないって事。

 

 

『自己啓発』とかは一時的には、炎は灯りますが結局は表面上の『花火の炎』

『青の炎』を灯している人は、自分の知識・スキルを磨いて

『ビジネス』そのものが楽しくなっているって事。

 

だれでも自分の好きな趣味とか詳しい事について話をするのって楽しかったりしますよね。

 

そう言う人って「○○って楽しいですよね!」なんて軽い言い方じゃなくて、

「○○って言うのは……」ってしみじみ語りだしたりしません??(笑)

 

それが『青の炎』が灯った人のイメージって事ですかね。

 

 

単純に言えば、ネットビジネスがずっと苦痛でしかなかったら、

そんなの絶対に続かないですからね。

そういう方向に『モチベーション』を持っていければ、

ネットビジネス自体がなんか楽しくなってきます。

 

 

その『モチベーション』は、自己啓発とかセミナーとかの外的要因から得る

ものじゃなくて、知識やスキルを得て行く事で自然と出てくるモノなんです。

 

往々にしてそうなった人は、「頑張ってる」なんて言葉は言ったりしませんし、思ってません。

 

周りから見たらすげぇ頑張ってるように見えても、

本人はやりたくてやってるだけって状態になります。

それが『青の炎』が灯った状態で、その炎をビジネスに向けて

活動していく事がベストな『モチベーション』の保ち方なんじゃないかなって思います。

 

 

ちょっと今回は『モチベーション』って抽象的な話だったんで、

結論としても抽象的な物になっちゃいました。(笑)

 

ちょっと分かりにくい部分もある問題なので、気になる部分があれば、

遠慮なくコメントでもお問い合わせでもください!

 

 

これって気付いてないで、「頑張ってるのに……」なんて思っちゃう人もいます。

結果を出すためには『マインド』が必要なんて言うのも、こう言った部分も含まれている訳ですね。

 

「本気なんです!」

 

なんて気持ちがある人は、1回自分の『モチベーションの方向性』についても考えてみて下さい。

 

こう言ったモチベーションになってないか?

 

そこに気付けるか気づけないかで、今後のあなたの行動が変わって、結果も変わってくると思います。

何かご意見ご質問などあったら、【お問い合わせ】より気軽に連絡ください。

 

> 【お問い合わせ】

 

 

それでは、今回はこの辺りで。

梶野でした。

 

それじゃあ、また。

僕自身も現在進行形で稼ぎ続けている、

『唯一の不変的ネットビジネス』

誇大表現でもなんでもありません。

【CASINOROOM】無料メルマガにご登録の方に

知識・スキル0からこの方法で稼ぎ続ける為の

徹底解説マニュアルを無料プレゼント中!!

(PDF60ページ)

torokuword1

* お名前     
* メールアドレス 

参考になりましたら
いいね !

Twitter で梶野を