どうも、梶野です。

 

「今からアフィリエイトやっても、後発組だからムリかぁ……」

 

ブログやメルマガの読者の方の中には、こんな人が実は結構います。

特に、まだアフィリエイトについて学び始めて間もない人に限って多くて、

 

「自分は別にパソコンに詳しい訳でもないし、

今からやったって沢山アフィリエイターいるでしょ……」

 

なんて言葉も結構聞きます。

 

確かに今現在でもアフィリエイトに参入する人は相当な数の人がいると思いますし、

おそらくこれからもどんどん加速度的に増えていくでしょう。

 

「そうすると、人が増えれば増えるだけライバルが増える。」

「そしたらもう飽和してきて稼げなくなるんじゃないか??」

 

って不安になってしまう人も沢山います。

じゃあ実際、今からアフィリエイト始めても後発組だから稼げないのか?って聞かれたら僕は、

 

「稼げるでしょ。むしろ後発組の方が全然有利」

 

って言います。

そもそもビジネスの業界として考えたら、全然まだまだ導入期位だと思ってるので、

後発組とすら思ってはいないですが僕は。(笑)

 

 

ただまぁこれから始めてみようかなぁって人とか、取り組み始めたものの

まだ成果も出ずに作業だけ続けている人は、そう言った気持ちになってしまうのも理解は出来ます。

 

僕自身稼げていない時は、そう言う考えが度々頭をよぎったりしてましたからね。

でもコレって、考えても全く意味のない事だし、

むしろあなたにとってマイナスにしかならない訳です。

 

なので今回はその考えに決着をつける為にも

『アフィリエイト後発組は稼げないのか?』ってお話をしていきたいと思います。

 

 

アフィリエイトはライバルが多いから稼げない??

そもそもの話ですけど、「後発組は稼げない」って思ってしまう人は、

何故そう思ってしまうのかって事なんですけど、

大きな理由としてはやっぱり1つ目に上記でも言ったように、

 

「アフィリエイトやってる人は沢山いるから、

今から自分なんかが始めてもライバルが多い」

 

って事がありますよね。

 

 

ただこれって、アフィリエイターが沢山いるのは事実ですけど、それじゃあ

 

まだ誰もやっていないビジネスなら稼げるって事ですか??

 

って思うんですよね僕は。

 

 

言ってしまえば『ビジネス』において同業の会社がいるのは当たり前で、

基本的にリアルビジネスであれば、そう言った同業他社といかに差別化を図って

『ビジネス』をやって行くかって事ですよね。

 

「じゃあ誰もまだやっていない新しいビジネスをやって行こう!」

 

なんて言ってビジネスを始める人もいますけど、

大抵の場合はどっかにあるビジネスのただの劣化版だったり、

ただ奇をてらっただけの意味の分からないビジネスだったりしませんか?

そう言う人はほぼほぼ稼げずに終わって行きます。

 

そもそもリアルビジネスで言えば、他の人より良い物を提供しようって気概がない時点で、

逃げ腰な発想だとも思いますし。

 

 

勿論アフィリエイトでも他の人と差別化を図っていくって意識を持つのは、

大切な事なんですけど、『ライバルが多いから!』って言うのはどちらかと言うと、

限られたパイを奪い合っていくビジネスで起こりうることだと思うんです。

 

 

でも、アフィリエイトは限られたパイを奪い合うビジネスじゃないって事。

 

 

どちらかと言うと、エンターテイメント的な要素があるって感じですかね。

だからって、ブログで何か派手な事やれって訳じゃないですが。(笑)

 

 

例えば、『アニメ』とかって、アニメとか漫画作ってる人は沢山いますし、

ライバルは確かに多いとは思うんですけど、

 

『ライバルが多いから面白いアニメは作れない!』

 

って事じゃないですよね。

 

結局はその作者が、

 

見てる人に面白いって思ってもらえるアニメさえ作れれば良い

 

だけじゃないですか??

 

つまり、見る人に価値のあるモノを提供できる人が成功するって事ですよね。

 

『アニメ』で言うと、『面白いアニメ=価値』ですね。

 

 

『アフィリエイト』もこれと同じで、

 

読者に価値のある情報を提供できる人が成功する

 

って世界なんですよね。

 

 

勿論、最低限の知識とかスキルは必要です。

アニメとか漫画だって、いくら面白いストーリーが頭に合っても、

それを表現する画力が無ければ伝わらないし、

それをより読者に伝わるようなコマ割りとか、

アニメだったらカット割りとかって知識やスキルは重要ですからね。

 

こう言うのがアフィリエイトで言うと、『コピーライティング』とかな訳です。

 

 

だから、『ライバルが多いから稼げない!』って考え方自体がちょっとズレてると思いませんか??

 

 

そんな事考えるのであれば、どんなアニメが面白いか、どんなアニメを求めてるか、

それを考えるしかないって事です。

 

もっと言えば『アニメ』とかの場合は、

挑戦している人がほとんど皆本気で面白い物作ろうとしています。

 

が、『アフィリエイト』の場合はそこまで本気で考えて取り組めている人は、

驚くぐらい少ないですからね。

圧倒的に参入者のレベルも低いって事ですよね。

 

 

そう考えるとむしろ僕は、『こんなにライバルの少ないビジネスはない』って思うくらいです。

 

 

アフィリエイトは飽和する??

もう一つの意見としてよく聞くのが

 

「アフィリエイトやってる人は沢山いるから、飽和する」

 

って事。

 

そもそも『飽和』って、言葉の意味で言うと『いっぱいまで満たされた状態』

って感じの意味だと思います。

 

つまり何かのビジネスで言うと、

『売る人が沢山いて、これ以上増えても仕方がない』って状態ですよね。

 

 

まぁまずはさっきも言った通り『アフィリエイトは限られたパイを奪い合うビジネスじゃない』

ので、そもそも飽和って概念自体がおかしいのは分かりますよね。

 

「面白いアニメはもう沢山あるから、アニメは飽和してる」

 

なんて言ってる奴いたら

 

「は? バカなんですか?」

 

としか言いようがないですよね(笑)

これがまず、『飽和する』って言う事自体が間違ってる理由の一つ。

 

 

あとは、少し言い方を変えると『需要<供給』になると、『飽和』って状態になる訳ですよね。

つまり、その商品を求めている人の方が多くなっちゃった『供給過多』の状態ですね。

 

で、冷静に考えてみて、今現在『供給過多』の状態になってると思いますか??

 

例えば情報商材アフィリエイトにおいて、

『情報』を求めている人ってそんなに少ないですかね??

 

 

リアルの店舗ビジネスとかだったら、商圏も限られますし、

同じちょっとした郊外の駅の周りににラーメン屋が50件とかあったら

それはもう流石に『供給過多』と言えると思います。

 

でもネットビジネスは基本的に無限商圏、つまりインターネットに接続できる全ての人が対象。

そう考えるとむしろ、圧倒的に『需要過多』だと思いませんか??

 

つまり、知りたい人の方が圧倒的に多いって事。

 

 

稼ぐ方法・モテる方法・ダイエット方法・美容方法。

 

 

こう言ったいわゆる情報商材として売られているような『情報』に、

どれにも興味がない人の方が少ないですよね。

 

今の時代、どんどん生活の至る所にインターネットが広がってきていますし、

そうなるとこれからまた、どんどんインターネット上の『情報』に対する需要は増えていくでしょう。

そうなったら、ますます『需要過多』になって行くしかないと僕は思うんですよね。

 

だからこそ『こんなにライバルの少ないビジネスはない』って思うんですよね。

二回目ですが。(笑)

 

 

むしろ、後発組なのか?

そもそも、『後発組』って言う人って

 

「アフィリエイトはもう結構前からやってる人がいるからもう後発組」

 

なんて感じで言ってると思うんです。

アフィリエイトは10年ほど前からやられ始めていて、

その切欠は当然ですが『インターネットの普及』ですよね。

 

確かに『流行りのビジネス』とかって捉え方で言うと、

そういうのは長続きしないで5年も経てば低迷していきます。

 

 

ただ果たして『アフィリエイト』は、そう言った類のビジネスなのか?って事ですよね。

 

 

先程も言いましたが、今の時代どんどん生活の至る所にインターネットが広がってきていますよね。

テレビもインターネット繋がってるし、家電もインターネット繋がってるのが増えてきたりとか。

 

いわゆるIoT(Internet of Things)ってやつですね。

つまり、モノにインターネットが繋がってきているって事。

 

むしろ、どんどんインターネットは進化していってる段階で、

と言う事は当然『インターネットビジネス』・『アフィリエイト』も

まだ全然『成長期』、と言うか『導入期』の段階だと思うんですよね。

 

 

つまり、

 

インターネットビジネス・アフィリエイトをビジネスとしてしっかりと捉えれば、

『後発組』どころか『先発組』

 

だと僕は思っています。

 

 

「後発組だから稼げない!」

 

なんて言う人は大抵

 

「これからは動画マーケティングの時代だ!」

 

なんて言って、動画の教材を売ろうとしてるだけって事です。

 

確かに動画はどんどん広がって行くともいますが、

だからと言って文章媒体が消えるなんて事は絶対にないですからね。

 

いくら映画やドラマ文化が発展しても、小説は無くならないのと一緒。

むしろ、小説の映画化とかドラマ化とかばっかですしね。(笑)

 

こういう話は、今回のテーマとズレるんで控えますが。。。

 

 

先駆者は大変なのは当たり前ですよね?

そもそもなんですけど、『後発組』って言う人がいるくらい先駆者がいるって事は

単純に考えれば、そう言った人達の成功例や失敗例を知った上でトライできるって事ですよね。

 

色んなトラップの埋まった道を先頭で走るより、

前で走ってる人がいる道を走った方が有利に決まってると思いません??

 

って事です。

 

 

これってどんなビジネスでもそうだと思いますが、成功している人の良い所を取り入れて、

上手くいってない人の悪い所を排除する。

 

これが出来るだけでも確実に有利ですよね。

 

ネットビジネスにおいては、1つのブログ記事を書くだけにしてもそうです。

あるテーマについてネット上で調べれば、色々な人の情報が出てきますから、

それらを良いとこ取り出来る訳です。

 

まぁ勿論、リライトはやってちゃダメですが(笑)

 

そう言った全ての事において、参考にするものがあるだけでも10年前に始めた人よりも

今始めた方が圧倒的に有利だって事。

 

これだけでも、「後発組は稼げない」って意見がいかにナンセンスか分かると思います。

 

 

 

まとめ

こう言った視点で考えれば、『後発組』とか『飽和』とかって概念自体が、

無意味でしかないって事に気付きませんか??

 

まぁ勿論今回の話は、『ビジネス』として捉えた話なので、

「誰でも簡単に!」みたいなのとは別次元の話です。

 

『誰でも出来るノウハウ!』なんてものは所詮は手法でしかないので、

それはもはやビジネスって言えるもんじゃな感ありしますしね。

 

ビジネスなので、多少の苦労とか、知識を得るとか、スキルを磨くって事は必要です。

でも折角こんな可能性のあるモノに気付いたんなら、そこを目指したい!って、

思って欲しいとは思います。

 

 

正直、これだけライバルの少なくて高利益な上に、

ネットの仕組みを利用して労力を減らしていけるビジネスなんて他にないと僕は思っています。

 

ネットビジネスの中には、労働力勝負で、副業で数万円稼ぎたいって人に向いているモノもあります。

 

ただ折角、こんなに可能性のある業界に入るのであれば、

『自由なライフスタイル』を目指して欲しいとは思いますし、

僕もそう言う人に情報をシェアしていきたいと思っています。

 

 

勿論、これから始める人には壁となる部分がいくつか出てきたりはするかもしれませんが、

そう言った部分を乗り越えるためのサポートだったり教材だったりするので、

何か不安とか疑問とかあれば、お気軽にご連絡ください。

 

> お問い合わせ

 

また、初心者の壁を乗り越えるための教材としてはまずは『守破離』の『守』の部分である、

先人の方を自分の物にする所から始めるのをおススメしてまず。

そう言った時はこんな教材を使うのが近道にはなったりします。

 

> 完全放置塾改

 

 

それでは、今回はこの辺りで。

 

梶野でした。

それじゃあ、また。

僕自身も現在進行形で稼ぎ続けている、

『唯一の不変的ネットビジネス』

誇大表現でもなんでもありません。

【CASINOROOM】無料メルマガにご登録の方に

知識・スキル0からこの方法で稼ぎ続ける為の

徹底解説マニュアルを無料プレゼント中!!

(PDF60ページ)

torokuword1

* お名前     
* メールアドレス 

参考になりましたら
いいね !

Twitter で梶野を